リモートワーママの休憩室

1才児を抱えながら完全リモート勤務で働くママが好き勝手に喋るブログ

リモートワーママの休憩室

【2020年の運気】西洋占星術・九星気学で情報収集した結果

2020年が始まってもう半月が経過。

早いですね~。

 

ここ数年の振り返りと感じていること

振り返ってみると、2018年~2019年は出産育児、引越し、職場復帰と環境が大きく変わった2年間でした。

そして職場復帰してから、どうも運気(特に仕事運)が悪いと思っていたんですよ。

まぁ元々大して運が強いタイプではなく、「必要な苦労は全部背負って生きてきた」レベルでツイてない人生を歩んでいるのですが、それにしてもおかしいと思うレベルで運気が悪かったんです。

で、なんとな~く、なんとな~く直感で、「コレ多分長く続くな」と思ったんですよ。

それで占いのサイトやyoutubeを見始めたのですが、やっぱり星回り的に私はツイていないそうです。

 

2020年の私の運気

まずね、

今年の私は「大厄」なんですよ。

しかも厄年の中でも一番の厄と言われるのがこの1年らしい。

その時点で既に「あっ、やばいな」と思いました。

 

西洋占星術での私の運気

大厄ということを知り、youtubeで占いの動画を見始める日々が始まりました(笑)

占いにも色々あるのですが、メジャーな西洋占星術(ホロスコープ)を調べました。

色々見ましたが、この動画が一番自分にはしっくりきました。

(ちなみに私はかに座です)


かに座 2020 テーマは「人間関係」!!!

 

この動画によると、この1年はかに座にとって急激な変化をもたらすらしい。

特に3月6日以降に起こった変化は今後7年間の人生に影響を与えるとのこと。

決断力がアップする時期と判断力が鈍る時期がそれぞれやってくるのでその時期ごとに注意した行動をとった方が良いそうです。

西洋占星術ではトータルで見た時には、新しい人間関係の構築や新しい環境への適応等、急激な変化が起こる1年だけど、基本的にはポジティブな影響を与える1年という評価でした。

 

九星気学での私の運気

西洋ときたら次は東洋。日本の九星気学を調べました(ちなみに私は三碧木星)

九星気学関連の動画の中でもこのチャンネルは結構気に入りました。

この人、話し方は棒読みなんだけどなぜか好きなんですよね~。すっと頭に入ってくるというか。ちゃっかりチャンネル登録済み♡爆


【占い】2020年三碧木星の運勢・九星気学

 


【占い】2020年運勢の補足 一白水星・二黒土星・三碧木星

 

この動画によると、やはり今年の運気は悪い様子。

九星気学のバイオリズムの中において、9年に1度の最も運気が冷え込む時期だそうです。

ツライ。

この1年は苦労する1年となるようで、特に人間関係が冷え込む。こじれる可能性があるため気を付けようとのこと。

しかし、悪いことばかりではないらしい。

苦労する1年ではあるけれど、新しいスタートを切れる時期でもあるらしく、人生の第一歩を踏めるとのこと。

今年はかならず自分と向き合う時期、ひとりで考える時間が増えるので、それをうまく活用して新しいことを始めるのが吉だそうです。

さらに今年始めたことは今後の10年に影響するため、コツコツ諦めずに努力すると将来の人生が豊かになるそうです。

 

2020年はどう過ごすべきなのか

西洋占星術、九星気学を調べてみると、

それぞれ違っているようなことを言っているようなでも共通点もいくつかあるような感じだなと思いました。

 

これだけはハッキリ言えると思っているのは、

「運気が悪いからといって悲観しない」

 

ってことですね。

これを感じただけでも大収穫です。

ちょっと悲観的になっていましたから。

 

まとめ:今年の抱負

西洋占星術でも九星気学でも取り組んだことは今後の長い人生に影響を与えるようなので、運気が冷え込んでいる今だからこそ、自分としっかり向き合ってどうしたいのか、何をやるべきでやりたいことなのか考えるようにしたいと思います。

 

仕事では今までと同じ業務はするものの、ミッションやチーム編成が変わり、意識することが変わりそうです。

そういった状況を踏まえ、今後仕事で成果を残していくためにやるべきことを考えて実行して、基礎固めを出来るような1年にしたいと思いました。

 

またこのブログについても、去年はメインブログを収益化すべくGoogleアドセンスに取り組んだわけですが、合格しただけて終わってしまった感があるので、今後何をやっていくのかどんな工夫をしたらいいのかなども考えようと思います。

 

というわけで、今年はどっぷり西洋占星術と九星気学の運気の流れに身を任せる1年にしようと思います。