リモートワーママの休憩室

1才児を抱えながら完全リモート勤務で働くママが好き勝手に喋るブログ

リモートワーママの休憩室

【東京旅行:DAY2】娘ディズニーランドデビュー(母は5年ぶり)

2日目。

満を持して遂に娘をディズニーデビューさせることができました!

ちなみに夫は、ディズニーランドに行くと蕁麻疹が出るらしく(爆)別行動です。

 

1日目の記事はこちら

nattuberry-workingmother.hatenablog.jp

ホテル→舞浜駅

前日から起きてから電車までの段取りを念入りに行っていたことが功を奏し、寝坊せずに起床。

ただベッドが狭く、娘の寝相の悪さに疲れが取れず体の節々が痛い。こんなんで1日歩き回れるんかと一抹の不安を抱えつつ支度。

なんとか娘の離乳食も済ませ出発。

GW中のため、電車の混雑を予想しましたが、出発が9:30過ぎとスタートが遅かったためか、電車にかなりの余裕が。

新木場→舞浜間の京葉線もベビーカーそのまま入れるんじゃないか?という人の量でした。こんなんだったら高松からベビーカー持ってくれば良かったわ。

夫が不参加のため、妹・弟・いとこを招集&合流。(妹&いとこは関東在住、弟は大阪在住もディズニー好きのため二つ返事で参加表明)今回は私の親戚一同でディズニーインパ。気兼ねすることも無いので結果的に良かったかも。

f:id:nattuberry:20190513193412j:image

ディズニーランド

意気揚々と入場。チケットは当日買うと混むらしいので、事前にコンビニで購入&発券。スムーズ。

f:id:nattuberry:20190513193440j:image

ロッカーで大型の荷物を預け、ベビーカーを借りに行く。

f:id:nattuberry:20190513193453j:image

ベビーカーお金かかるんか!!!!タダかと思った!!!

1日1,000円!!まぁそれならいいや。

 

しかし!!!

何が気に入らないのか、ベビーカーをめちゃくちゃ嫌がる娘!!!

何故だ!?!?!?今までベビーカーを嫌がることなんてなかったのに!!!

仕方なく、抱っこひもでそのまま移動。トホホ。

 

ちなみに特に今回は何か乗りたい!というのは無くの~んびり回れればいいかぁ~というスタンスで臨んでしまったため、事前準備ゼ~~ロ~~👌👌

いとこと弟が色々調べていてくれました。

まずはクルーにディズニーデビューのステッカーをもらう。カワイイけど服につけたらすぐ剥がれそうなので母子手帳に貼る🤓

 

1つ目のアトラクションはジャングルクルーズ。30分位で乗れました。

ジャングルクルーズとか人生で2度目位じゃないかな。

娘は不思議そうにキョロキョロ。

終わった時点でお昼を回ってしまったため、オムツ替え・離乳食の時間に。

トゥーンタウンにあるベビールームへ向かう。

 

到着の時点で娘のぐずりがMAXになってしまったため、焦って写真を取り損ねているのですが、ディズニーランドのベビールームはすごかった。最強。

コンシェルジュ的な人が要件を聞き、オムツ替えコーナーへ。

備え付けのオムツ替えシート、ビニール袋完備。並ばずに入れました。

ベビーってこんなにいるんや~と感心しながら叫ぶ娘を押さえなんとかオムツ替え。

その後離乳食。

ハイチェアが何台も設置されており、自由に使える形式。調乳用のお湯はもちろん、冷ますための氷水や冷水器、電子レンジと哺乳瓶洗い用の洗剤とスポンジまで完備されていました。

すごいぞディズニー・・・!

離乳食・ミルクを済ませベビールームを出て、トゥーンタウンを散策。

 

ミッキーの家に行きたかったけどかなり混んでいたため、グーフィーの所へ。

f:id:nattuberry:20190513193543j:image

しかし我々は間違っていた。

グーフィーのペントハウスはグーフィーおらん。

子供向けのよくわからないアトラクションだった。

ここでも準備不足が露呈することに・・・。

若干心折れた我々は隣の船っぽい所へ。

人のいない微妙なスペースがあり、娘を開放してハイハイさせる。それが良かったのか今日一番のゴキゲン😊

 

我々のお昼はトゥモローランドのハンバーガーレストランへ。かなり広いけど満席。10分程ウロウロしてようやく席に着けました。

私が注文しに行っている間、弟といとこが娘を見ていてくれたのですが人見知りの治らない娘はギャン泣き。結構離れているレジ台まで爆泣き音が届いていました💦

急いで戻って抱っこしてあやしてもなかなか泣き止まず、あまりゆっくり昼食が取れず🤮人見知り娘にどうすることもできない妹たち爆

ひとしきり泣き叫んだ娘は遂に寝てしまい、ようやっとベビーカーにおさまってくれました。その後仕切り直してご飯を食べつつ休憩。

 

お昼のパレードを眺め、散歩がてらシンデレラ城へ向かう。

f:id:nattuberry:20190513193610j:image

シンデレラ城近くのお土産ショップがベビー向けという情報を妹が知っており、そこに向かう。

ベビー&キッズ向けのコスチュームやスタイやらタオルやら色々充実していました。

母子手帳ケースが一番アツかったけど、既に別のものを持ってるから買わず。持ってなかったら確実に買ってたわ。

娘用や友達ベビー用におみやげをいくつか購入。

 

その後イッツアスモールワールドへ。リニューアルしてから行ったことがなかったため、何気に一番楽しみにしていました。

イッツアスモールワールドってガラガラのイメージだったけど今は違うんだね!

なんと50分待ち!!!

妹に職場復帰で待遇が下がった愚痴を聞いてもらいながら待っていたらあっという間でした爆

f:id:nattuberry:20190513193709j:image

娘が一番興味持ちそうかなと思ったイッツアスモールワールドですが、なんと終始爆睡😨

終わった瞬間起きました・・・。もったいない・・・。

新しくなったイッツアスモールワールドはディズニーの人気キャラクター満載の可愛い萌え萌えな空間でした。娘にもいつか見てほしい。

f:id:nattuberry:20190513194115j:image

まだもう少し時間があったので、チラッと夕方とパレードを見て、最後に遊覧船に乗ることに。

遊覧船は生まれて初めて乗ると思う。子供が出来るまでこんなのディズニーにあったんや!というレベルでしたが、乗ってみると随所に細かいこだわりがあって楽しめました。

ここでは娘もゴキゲンで、道行く人に手を振っていました。

遊覧船を降りて、メインストリートでお土産を買って、17:30頃帰宅しました。

帰り際に掃除のお兄さんがドナルド描いてた。さらっと描いてた。素敵過ぎる。こういうの好き😘

f:id:nattuberry:20190513194126j:image

まとめ

ディズニーランドが全世代の人に受け入れられているという理由が分かったような気がしました。

ベビーは遊覧船やジャングルクルーズ、ベビールームでまったりと過ごし、キッズはダンボやピーターパンではしゃぎ、大人はスプラッシュマウンテンやバズライトイヤーで騒ぎ、シニアはまた遊覧船やレストランで寛ぐという幅広い過ごし方を提供しているのがディズニーランドなんだと思いました。

今までのディズニーでの過ごし方と全く違う過ごし方をし、アトラクションは4つしか乗っていないし、娘のグズりも多く慌てたり焦ったりでしたが、それでもディズニーは良いものだなと感じたのでまた娘が少し大きくなったら行きたいなと思いました。

その頃の夫

我々が楽しんでいた頃、夫は大阪で御用達にしていた足つぼマッサージ店とヘッドスパ専門店で日頃の疲れを癒し、青山でタピオカミルクティーを堪能するというなんとも女子っぽい1日を男一人で過ごしていたそうです爆