リモートワーママの休憩室

1才児を抱えながら完全リモート勤務で働くママが好き勝手に喋るブログ

リモートワーママの休憩室

【セミナーに参加してみた】やっぱりお金はよく分からない

結局何から始めたかというと、どっかの保険会社がやってる「女子のためのお金セミナー(初心者)」とやらにまず参加(無料)してみました。

 

定期預金での資産形成はこの時代厳しいらしい

なんとな~く、薄々気付いてはいたけど、私たちの親世代とは預金事情が違うらしい。

私の給与振込口座はUFJ銀行ですが、それによると今の定期預金の金利は0.01%でした。確か定期預金って高額預けると金利良くなるんじゃなかったっけ?って調べたら300万円以上、10年の定期預金でも金利0.01%。いっぱい預けてもちょみっとでも一緒。昔は3%とかの時代もあったらしい。

超低金利とはこういうことなのか。まぁでもそもそも貯金すらない私からしたら利息のこと考えるの早くない?頑張ってコツコツ貯めれるような工夫すれば良くない?と思ったり。

 

でも物価上昇リスクというのもあるらしい

セミナーに参加した時、講師の人が「超低金利時代に定期預金だけしてたら物価上昇リスクに対応出来ない」と言ってました。

どういうこと?と思いましたが、要は将来的、長期的スパンでみると物価というのはずっと上昇しているらしい。でもさー、一昔前はテレビって何十万円もしてたのに今は数万円で買えるってことは物価って下がってるんじゃないの?あぁでもタバコの値段は上がってるか...。そりゃ税金で上がってるのか?物価上昇って何を基準に決まってるの?よく分かりません。

講師の話によると、物価上昇率は定期預金の金利(0.01%)よりも高いらしく、定期預金を長期でやったとしても、その金利は物価上昇よりも低いから結果的に資金が目減りするそうです。だからこそ、ただ貯めるだけではなく、お金を「増やす」ことが必要らしい。

確かにその理論だと定期預金だけじゃダメってことになるね。でも定期預金の金利ってマジでもう上がらないのかな...?普通景気良くなったら金利も上がるんじゃないの?本当によく分かりません。誰か教えて下さい。

 

セミナー講師の話には続きがあって、「だからみなさん保険に入ってプロにお金の運用を任せましょう」と言って最終的には勧誘されました(爆)そのまま話聞き続けたら訳分からんまま保険に入りそうだったのでそそくさ退散しました...😑